EDHコンボ紹介

【EDHコンボ紹介】《孔蹄のビヒモス》&《ゼンディカーの報復者》のコンボ

今回紹介するコンボは《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》を使った大量トークン生成&全体強化コンボです。

対戦相手全員のライフを削り切れるくらいの打点になるEDHの定番コンボです。

クロタカ
クロタカ
特に《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》は緑のクリーチャーを並べるデッキには大体入っている定番カードです。

コンボに必要なカード

カード名 孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth
マナコスト (5)(緑)(緑)(緑)
タイプ クリーチャー — ビースト(Beast)
テキスト 速攻
孔蹄のビヒモスが戦場に出たとき、ターン終了時まであなたがコントロールするクリーチャーはトランプルを得るとともに+X/+Xの修整を受ける。Xはあなたがコントロールするクリーチャーの数である。
P/T 5/5
カード名 ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar
マナコスト (5)(緑)(緑)
タイプ クリーチャー — エレメンタル(Elemental)
テキスト ゼンディカーの報復者が戦場に出たとき、あなたがコントロールする土地1つにつき緑の0/1の植物(Plant)クリーチャー・トークンを1体生成する。
上陸 ― 土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたはあなたがコントロールする各植物クリーチャーの上に+1/+1カウンターを1個置いてもよい。
P/T 5/5

 

コンボの説明

《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》と《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》と植物トークン全体で攻撃すると、対戦相手2〜3人くらいを殴り倒せる打点になります。

どれくらいの打点になるかの参考を紹介します。

土地が7枚戦場にある状態で《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》をプレイ。植物トークンが7体生成されます。

次ターンに土地を1枚戦場に出し、植物トークンの上に+1/+1カウンターを1個置きます。

《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》をプレイします。
クリーチャーが戦場に9体いるので、全てのクリーチャーが+9/+9修正&トランプルが付与されます。

④全クリーチャーで攻撃すると以下の打点になります。

《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》:パワー5
《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》:パワー5
植物トークン:パワー1×7体=パワー7
クリーチャー9体に+9/+9修正:9体×パワー9=パワー81

★全てのパワーを合計すると「98点」になります。

EDHの初期ライフは40点なので、対戦相手を2人以上殴り倒せる打点になります。

コンボの手順

《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》を戦場に出します。
土地の数と同数の植物トークンが生成されます。

《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》を戦場に出します。
クリーチャー全体にクリーチャーの数だけ+X/+X修正とトランプルが付与されます。

かなりの打点になっているので、殴れるクリーチャーで対戦相手を攻撃します。
(《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》と植物トークンは《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》と同じターンに出していた場合、攻撃には参加できません)

コンボを決めるためのよくあるパターン

コンボを決めるためのよくあるパターンを紹介します。

パターン①

《召喚の調べ/Chord of Calling》で対戦相手のターン終了時に《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》を戦場に出し、次の自分のターンで《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》を戦場に出し、全軍突撃する。

《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》と植物トークンがすぐに攻撃できる状態になるので、スムーズに全軍突撃することができます。

パターン②

《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》と《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》を戦場に出し、《調和の中心/Concordant Crossroads》で速攻を付与して全軍突撃する。

カード名 調和の中心/Concordant Crossroads
マナコスト (緑)
タイプ ワールド・エンチャント
テキスト すべてのクリーチャーは速攻を持つ。

《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》と植物トークンに速攻を付与してすぐに攻撃できるようにします。

クロタカ
クロタカ
《調和の中心/Concordant Crossroads》は対戦相手のクリーチャーにも速攻を付与してしまうので、《調和の中心/Concordant Crossroads》を出したターンに勝負を決めに行きたいところです。 

以上《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》と《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》を使った大量トークン生成&全体強化コンボでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です