コラム

クロタカが遊んでいる統率者戦のハウスルール

今回は僕が遊んでいる統率者戦のハウスルール(選択ルール)を紹介します!

内容はこんな感じです↓

『メルカディアン・マスクス』(1999年10月発売)以降に発売されたカードは使用可能

※2021年10月現在だと『メルカディアン・マスクス』『イニストラード:真夜中の狩り』までのカードはOK

『アルファ版』(1993年8月発売)〜『ウルザズ・デスティニー』(1999年6月発売)までに発売されたカードは使用不可

※通常の統率者戦で使用可能なカードの中で、1993年8月〜1999年6月に発売又は配布されたカードだけがNG。1999年10月以降に発売又は配布されたカードはOK

『アルファ版』『ウルザズ・デスティニー』までのカードでも、『メルカディアン・マスクス』以降に再録されていれば使用可能

ただし、From the Vaultシリーズジャッジ褒賞のプロモーション・カードで再録された再録禁止カードはNG
(《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》《ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle》などはNG)

禁止カードは統率者戦ルール委員会が定めているものに準拠

このハウスルールで遊び始めた理由と経緯は以下の通りです。

・なるべく古いカードよりも新しいカードで遊びたかった

・再録禁止カードなどの古くて高額なカードを所持している人と、所持していない人の資産による格差を少なくしたかった

※誰かが再録禁止カードを使っていると他の人も欲しくなりがち、そして軍拡競争になりがち

「モダン」「パイオニア」のように使用できるカード範囲を限定することを検討し、再録禁止カードが含まれるセット(『アルファ版』『ウルザズ・デスティニー』)と再録禁止カードが含まれないセット(『メルカディアン・マスクス』〜)で区切りを設けることを思い付く

『メルカディアン・マスクス』が区切りになることから、ハウスルールの名称は「マスクスルール」に決めました。

そしてマスクスルールには以下のようなメリットがあります。

・再録禁止カードなどの古いカードが使えないからあまり欲しがらなくなり、お財布に優しい

・一部の古くて強力なカードが使えないので、デッキレベルが少し抑えられる

・入手困難なカードが少ない。カードを揃えやすい。

ちょうど公式サイトで記事を連載し始めた2020年7月頃からこのマスクスルールで遊び始め、今ではもう1年以上経ちました。一緒に遊んでいる友人達からも結構好評です。

クロタカ
クロタカ
僕と同じような思いを持っている人にはかなりオススメのハウスルールなので、試しに一度遊んでみてはいかがでしょうか

この記事が気に入ったら👍いいねしよう!
(クロタカが喜びます😄)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です