EDHオススメカード

【EDHオススメカード】混沌のねじれ/Chaos Warp

今回紹介するオススメカードは《混沌のねじれ/Chaos Warp》です。

EDHの赤が入ったデッキ、特に赤単色デッキには大体入っている定番カードです。

カード名 混沌のねじれ/Chaos Warp
マナコスト (2)(赤)
タイプ インスタント
テキスト パーマネント1つを対象とする。それのオーナーはそれを自分のライブラリーに加えて切り直し、その後、自分のライブラリーの一番上のカードを公開する。それがパーマネント・カードである場合、そのプレイヤーはそれを戦場に出す。

《混沌のねじれ/Chaos Warp》の良いところ

どんなパーマネントも対処できる

《混沌のねじれ/Chaos Warp》は対象の制限なく、どんなパーマネントでもライブラリーに戻すことができます。

本来「赤」のカードは色の特性上エンチャントをほとんど対処できません。

そんな赤のカラーパイを逸脱して、エンチャントも対処できるのが《混沌のねじれ/Chaos Warp》の良いところです。

※カラーパイ…マジックの5つの色の特徴

クロタカ
クロタカ
カラーパイを逸脱し過ぎているので問題にもなったみたいです。

赤にはエンチャントを含めた万能パーマネント除去がほとんど存在しないので、特に赤単色デッキで重宝されています。

3マナのインスタントで使いやすい

3マナという軽いコストで唱えられ、更にインスタントなので使い所に困ることはほとんどありません。

どんなパーマネントにも使えるのですが、《混沌のねじれ/Chaos Warp》のようになんでも対処できるカードは少ないので、使い所は慎重に見極めたいところです。

デメリットはあるが、盛り上がる

《混沌のねじれ/Chaos Warp》にはライブラリーをシャッフルして、公開したカードがパーマネントなら戦場に出されてしまうデメリットがあります。

対象が万能なだけに仕方のないデメリットです。

ライブラリートップがソーサリーやインスタントなら何も起こらないからいいのですが、戻したカードより強いパーマネントがめくれてしまうこともちょいちょいあります。

あとは戻したはずのカードがまたライブラリートップで公開されて戦場に戻ってくることもたまーにあります。

そんな何が起こるかわからないランダム要素もあり、《混沌のねじれ/Chaos Warp》をプレイすると結構盛り上がります。

クロタカ
クロタカ
《混沌のねじれ/Chaos Warp》の名前の通り、カオスな感じが実に赤らしいです

強いパーマネントがめくれちゃったらドンマイということで、それも含めてパーティーゲームであるEDH的には盛り上がるので素晴らしいカードだと思います。

以上EDHオススメカード《混沌のねじれ/Chaos Warp》でした。

こちらの記事もオススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です