EDHオススメカード

【EDHオススメカード】スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation

今回紹介するオススメカードは《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》です。

2012年10月にラヴニカへの回帰で登場してからスタンダード落ちするまで、長きに渡り青白を含むコントロールデッキで活躍したカードです。
当時使っていたor使われたので知っているという人は多いのではないでしょうか。

青白のカードなので統率者が青白を含むデッキにしか入れられませんが、多色カードの中では比較的よく見かけるカードです。

カード名 スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation
マナコスト (X)(白)(青)(青)
タイプ インスタント
テキスト あなたはX点のライフを得て、カードをX枚引く。

《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》の良いところ

大量ドローできる

《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》はコストに(X)が含まれているので、マナを多く払えば払うほどより多くのカードをドローすることができます。

EDHの後半戦はマナが余りがちになるので、そのマナを有効活用できます。

一応X=1(点数で見たマナコストは4マナ)でも1ドローはできるので、序盤ドローが芳しくない時に使うこともできます。

(X)の値を状況に応じて変えれるのが《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》の良いところです。

クロタカ
クロタカ
基本は使えるマナを全部使って唱えるのが強いです。

《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》で大量ドローして、そこで引いたドローカードでまたドローを進める連鎖状態になることもあります。

ライフ回復が地味にありがたい

《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》は(X)でマナを支払った分だけ、ライフを回復することができます。

この部分が多色になったメリットで、同じXドローの《青の太陽の頂点/Blue Sun’s Zenith》などにはない部分です。

効果がライフ回復だけだったら弱いのですが、ドローとセットなのでとても強力です。

クロタカ
クロタカ
ライフ回復効果は何かのおまけで付いてると、とてもお得感があります。

EDHのデッキ構築をしているとライフ回復できるカードがデッキに0枚だった、なんていうことはよくあります。
40点あるライフも後半は一桁となり、ライフ回復したいけど回復カードは入ってないので一生回復できないことも多々あります。

そんなこともあったりするので、《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》のライフ回復効果は地味ながら非常にありがたく感じます。

インスタントなので二段構えができる

《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》はインスタントなのでいつでも唱えることができます。

《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》を手札に持っている状態で自分のターンを終了し、対戦相手のターンで対戦相手が何かしたら除去や打ち消しを唱えて、何もしなかったら《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》を唱えてドローする二段構えのプレイができます。

クロタカ
クロタカ
二段構えができていると、自分はなんでもできる気がして楽しくなってきます。

以上EDHオススメカード《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》でした。

こちらの記事もオススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です