EDHオススメカード

【EDHオススメカード】息詰まる徴税/Smothering Tithe

今回紹介するオススメカードは《息詰まる徴税/Smothering Tithe》です。

カード名 息詰まる徴税/Smothering Tithe
マナコスト (3)(白)
タイプ エンチャント
テキスト 対戦相手がカードを1枚引くたび、そのプレイヤーは(2)を支払ってもよい。そのプレイヤーがそうしないなら、あなたは宝物(Treasure)トークンを1つ生成する。(それは、「(T),このアーティファクトを生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つアーティファクトである。)

ラヴニカの献身(2019年1月発売)で登場してから、白が入っているデッキには結構な割合で採用されています。

《息詰まる徴税/Smothering Tithe》の良いところ

コンスタントに3マナ以上を得ることができる

《息詰まる徴税/Smothering Tithe》は対戦相手がドローする度に2マナ支払わないと、宝物を1個生成する効果を持っています。

ドローの度に2マナを支払うのは重いコストなので、そのまま支払われず宝物を生成できることが多いです。
(特に序盤はマナに余裕がないのでほとんど支払われません)

EDHでは通常対戦相手は3人いるので、ターンが1周すれば宝物を3個生成できます。

対戦相手がドローカードを使ってきたら、更に多くの宝物を生成できる可能性があります。

クロタカ
クロタカ
試しに使ってみると、予想以上に宝物が生成できる(=マナが生める)のでビックリします。

対戦相手のドローカードを牽制することができる

《息詰まる徴税/Smothering Tithe》はドローする度に2マナの支払いを要求するので、追加ドローや大量ドローを使ってマナの支払いを拒否すると、大量の宝物が生成できます。

対戦相手からしたら大量の宝物を生成させたくはないため、ドローカードが使いづらくなります。

対戦相手
対戦相手
《天才のひらめき/Stroke of Genius》でめっちゃドローしたい!でも宝物もあげたくない!ガッテム!
クロタカ
クロタカ
↑のように《天才のひらめき/Stroke of Genius》などの大量ドローカードの使用を躊躇させることができます。 

宝物なのですぐ使わずに貯めておくことができる

《息詰まる徴税/Smothering Tithe》により生成されるトークンは宝物なので、とりあえず貯めておいて好きなタイミングで使うことができます。

直接マナが生まれるわけではないので融通が利いて便利です。

しかも全ての色のマナが生み出せるので、色事故防止にもなります。

宝物はアーティファクトなので、全体アーティファクト破壊で吹き飛んでしまうことには注意しましょう。

カード例:《進歩の災い/Bane of Progress》

白単色でマナ加速できる

《息詰まる徴税/Smothering Tithe》はマナ加速が苦手な白の中では貴重なマナ加速カードです。

白が使うマナ加速は大体無色のアーティファクトなので、あっさりアーティファクト破壊で壊されてしまうのがネックでした。

《息詰まる徴税/Smothering Tithe》はエンチャントなのでアーティファクトと比べると破壊されにくいです。(宝物はアーティファクトなので破壊されてしまいます)

クロタカ
クロタカ
《息詰まる徴税/Smothering Tithe》は見た目以上に強力なカードなので、結構ヘイトが高めです。

以上EDHオススメカード《息詰まる徴税/Smothering Tithe》でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です