EDHオススメカード

【EDHオススメカード】悪魔の教示者/Demonic Tutor

今回紹介するオススメカードは《悪魔の教示者/Demonic Tutor》です。

EDHの黒が入ったデッキには大体入っている定番カードです。
効果が強力過ぎるのでEDH以外のフォーマットでは大体禁止されています。

カード名 悪魔の教示者/Demonic Tutor
マナコスト (1)(黒)
タイプ ソーサリー
テキスト あなたのライブラリーからカードを1枚探し、そのカードをあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。

《悪魔の教示者/Demonic Tutor》の良いところ

今一番欲しいカードを探して持ってくることができる

デッキにあるカードを何でも持ってきていい。この最強のサーチ範囲が悪魔の教示者/Demonic Tutor》の魅力です。

勝てそうな時はフィニッシュとなるカードを探してもいいですし、ピンチならば全体破壊カードを探してくることもできます。

マジックにはサーチ呪文は多くありますが、大体はクリーチャー限定だったり、アーティファク限定だったり何かしらの制限があります。

それらのカードを使っていると、何でも持ってこれる悪魔の教示者/Demonic Tutor》のありがたみが良くわかります。

クロタカ
クロタカ
悪魔なのに何のデメリットもありません。めちゃ優しい悪魔です。

2マナで唱えられる

マナコストが2マナなので通常早ければ2ターン目から唱えることができます。

また、マナコストが軽いので悪魔の教示者/Demonic Tutor》で何かをサーチしてきてから、即サーチしたカードをプレイしやすいです。

現在の基準で作られた修正版が《魔性の教示者/Diabolic Tutor》です。
効果は同じなのにマナコストは倍の4マナになっています。

2マナと4マナでは使い勝手が全然違うので、如何に悪魔の教示者/Demonic Tutor》が強力だったかがわかります。

事故を防いでくれる

2マナで何でもサーチできるので、土地が詰まって2マナしか出ない状況でも、土地を探して土地事故を防ぐことができます。

クロタカ
クロタカ
《悪魔の教示者》で土地を持ってくることは案外多いです

逆に土地しか引かないでやることがない時は、ドローカードなどをサーチして何もやることがない事故を防ぐことができます。

持ってきたカードを見せなくていい

多くのサーチ呪文はサーチしたカードを対戦相手に見せる必要がありますが、悪魔の教示者/Demonic Tutor》はその必要がありません。
悪魔の教示者/Demonic Tutor》はサーチ先の制限がないので、間違いなくサーチ範囲内のカードを持ってきたことを証明する必要がないため

サーチしたカードを見せると対戦相手にバレるので、どうしても警戒されてしまいます。
その点悪魔の教示者/Demonic Tutor》はカードを見せていないので対戦相手も警戒しようがありません。
悪魔の教示者/Demonic Tutor》を使うだけでもヘイトは上がります。

悪魔の教示者/Demonic Tutor》は確かに強力なカードです。
しかし、ハイランダー(デッキに同名カードは1枚のみのデッキ)の常に何が起こるかわからないゲーム性が損なわれることがあります。

悪魔の教示者/Demonic Tutor》のような何でもサーチできるカードを多用し過ぎないことが、デッキを長く使い続けるコツだと思います。

以上EDHオススメカード悪魔の教示者/Demonic Tutor》でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です