EDHオススメカード

【EDHオススメカード】神秘の合流点/Mystic Confluence

今回紹介するオススメカードは《神秘の合流点/Mystic Confluence》です。

カード名 神秘の合流点/Mystic Confluence
マナコスト (3)(青)(青)
タイプ インスタント
テキスト 以下から3つを選ぶ。同じモードを2回以上選んでもよい。
・呪文1つを対象とする。それのコントローラーが(3)を支払わないかぎり、それを打ち消す。
・クリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
・カードを1枚引く。

青の万能カードなので、まあまあの頻度で使われています。

《神秘の合流点/Mystic Confluence》の良いところ

3つのモードを柔軟に選べる

《神秘の合流点/Mystic Confluence》は以下3つのモードからどれを使うかを選ぶことができます。

①3マナ払えなければ打ち消し(カードの例《マナ漏出/Mana Leak 》)

②クリーチャーバウンス(カードの例《送還/Unsummon》)

③1ドロー(カードの例《熟慮/Think Twice 》)

1枚のカードで状況に応じて3つのモードを選択できるので、三段構えができます。

この柔軟性が《神秘の合流点/Mystic Confluence》の良いところです。

クロタカ
クロタカ
《神秘の合流点/Mystic Confluence》は使い所に困ることがないので、デッキに入れいていると安心感があります。 

モードを3回好きな組み合わせで使える

《神秘の合流点/Mystic Confluence》は3つのモードを3回選んで使うことができます。
同じモードを2〜3回選ぶこともできます。

ただドローをしたいだけであれば、ドローモードを3回選び3ドローすることができます。
(効果は《ジェイスの創意/Jace’s Ingenuity》と同じになります)

例えば対戦相手が呪文を唱えてきて4マナを支払える状態であれば、《神秘の合流点/Mystic Confluence》で打ち消しモードを2回選び(6マナ支払えないと打ち消し)呪文を打ち消し、更に1ドローを選択することができます。

このモードの組み合わせを状況に合わせて柔軟に変更できるところも《神秘の合流点/Mystic Confluence》の魅力です。

クリーチャーを対処できる

マジックの打ち消し呪文は「呪文を打ち消すだけ」、ドロー呪文は「カードをドローするだけ」で戦場のパーマネントに干渉できないカードがほとんどです。

なのですでに戦場に脅威となるカードがある状態ではあまり有効ではありません。

その点《神秘の合流点/Mystic Confluence》はしっかり戦場にいるクリーチャーに対処できるので、既に脅威となるカードがある状態で引いても有効に使うことができます。

クロタカ
クロタカ
インスタントなので対戦相手のクリーチャーが攻撃したことを確認してから使うこともできます。とても便利です。

以上EDHオススメカード《神秘の合流点/Mystic Confluence》でした。

こちらの記事もオススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です