EDHオススメカード

【EDHオススメカード】粗石の魔道士/Trinket Mage

今回紹介するオススメカードは《粗石の魔道士/Trinket Mage》 です。

カード名 粗石の魔道士/Trinket Mage
マナコスト (2)(青)
タイプ クリーチャー — 人間(Human)・ウィザード(Wizard)
テキスト 粗石の魔道士が戦場に出たとき、あなたは自分のライブラリーから点数で見たマナ・コストが1以下であるアーティファクト・カードを1枚探し、そのカードを公開し、あなたの手札に加えてもよい。そうした場合、あなたのライブラリーを切り直す。
P/T 2/2

アーティファクトがそれなりに入った青のデッキには大体入っている定番カードです。

《粗石の魔道士/Trinket Mage》の良いところ

状況に応じて柔軟にサーチしてくることができる

《粗石の魔道士/Trinket Mage》はデッキから1マナ以下のアーティファクトをサーチして手札に加えることができます。

1マナ以下なので範囲が狭いように見えますが、デッキの組み方によってかなり幅広い用途のアーティファクトをサーチしてくることができます。

マナが足りない→《太陽の指輪/Sol Ring》などのマナアーティファクト

ドローしたい→《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》

墓地対策したい→《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》などの墓地対策

ダメージを飛ばしたい→《歩行バリスタ/Walking Ballista》

マッチョになりたい→《巨像の鎚/Colossus Hammer》

この中でも《太陽の指輪/Sol Ring》はどのデッキにも入りやすいので、何もサーチするものがないという展開は少ないです。

クロタカ
クロタカ
0マナもサーチ可能なところがかなり優秀です。

3マナのクリーチャー

《粗石の魔道士/Trinket Mage》は3マナなので唱えやすいです。

また、クリーチャーなのでブロッカーとしても使えます。

ブリンクやリアニメイトでETB能力を使い回すこともできます。

アーティファクトのマナコストに応じた亜種カードが存在する

《粗石の魔道士/Trinket Mage》の亜種クリーチャーが3枚存在します。
デッキに採用しているアーティファクトのマナコストに応じて、亜種クリーチャーを追加することができます。

《宝物の魔道士/Treasure Mage》→6マナ以上のアーティファクト

(例:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》などのファッティをサーチできます)

《戦利品の魔道士/Trophy Mage》→3マナのアーティファクト

(例:《連合の秘宝/Coalition Relic》などのマナアーティファクトや、《ファイレクシアの供犠台/Phyrexian Altar》などのコンボパーツをサーチできます)

《捧げ物の魔道士/Tribute Mage》→2マナのアーティファクト

(例:《精神石/Mind Stone》などのマナアーティファクトや、《狂気の祭壇/Altar of Dementia》などのコンボパーツをサーチできます)

以上EDHオススメカード《粗石の魔道士/Trinket Mage》でした。

こちらの記事もオススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です