EDHオススメカード

【EDHオススメカード】真面目な身代わり/Solemn Simulacrum

今回紹介するオススメカードは《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》です。

カード名 真面目な身代わり/Solemn Simulacrum
マナコスト (4)
タイプ アーティファクト・クリーチャー — ゴーレム(Golem)
テキスト 真面目な身代わりが戦場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーから基本土地カードを1枚探し、それをタップ状態で戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直してもよい。
真面目な身代わりが死亡したとき、あなたはカードを1枚引いてもよい。
P/T 2/2

万能マナ加速として広く使われている定番カードです。

統率者(2019年版)ではかっこいい新絵で再録されました。

《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》の良いところ

どんなデッキにも入れられるマナ加速

《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》は無色なので、どんなデッキにも採用することができます。

緑以外で土地をサーチして戦場に出せるカードはかなり少ないので、《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》は貴重な存在です。

緑を含むデッキは土地サーチカードが豊富にあるので、あまり《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を採用しない傾向にあります。

緑を含まないデッキであれば、とりあえず《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》をデッキに採用することをオススメします。

まず役に立たないということはありません。

無色デッキでも《荒地/Wastes》をサーチしてくることができます。

マナ基盤を安定させることができる

《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》は好きな基本地形をサーチして戦場に出すことができます。

例えば2色デッキで片方の色しか出ない状況でも、《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を使えば、足りない色の土地をサーチして2色のマナが出せるようになります。

クロタカ
クロタカ
《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》は無色なので、どちらかの色しか出ない状況でも使えるところがありがたいです。

死んでも嬉しい

《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》は死亡するとカードを1枚ドローすることができます。

土地をサーチして、更に死んでドローと、アドバンテージの塊のようなカードです。

クロタカ
クロタカ
対戦相手からしたらあまり破壊したいカードではないので、ブロッカーとして立ってると結構殴りづらくなります。

ブリンクで使い回せる

《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》の土地サーチはETB能力なので、ブリンク能力で使い回すことができます。

アーティファクト・クリーチャーなのでサーチしやすい

《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》はアーティファクトであり、クリーチャーなので、どちらかのサーチカードでも探して持ってくることができます。

アーティファクトサーチの例:《加工/Fabricate》

クリーチャーサーチの例:《護衛募集員/Recruiter of the Guard》

以上EDHオススメカード《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》でした。

こちらの記事もオススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です