EDHオススメカード

【EDHオススメカード】ラクドスの魔除け/Rakdos Charm

今回紹介するオススメカードは《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》です。

カード名 ラクドスの魔除け/Rakdos Charm
マナコスト (黒)(赤)
タイプ インスタント
テキスト 以下から1つを選ぶ。
・プレイヤー1人を対象とし、その墓地にあるすべてのカードを追放する。
・アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。
・各クリーチャーはそれぞれのコントローラーに1点のダメージを与える。

黒赤を含むデッキにはまあまあの割合で採用されている、いぶし銀なカードです。

《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》の良いところ

3つのモードを柔軟に選べる

《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》は以下3つのモードからどれを使うかを選ぶことができます。

①プレイヤー1人の墓地を全て追放(カードの例《貪欲な罠/Ravenous Trap》)

②アーティファクト破壊(カードの例《粉砕/Shatter》)

③クリーチャーの数だけダメージを与える

1枚のカードで状況に応じて3つのモードを選択できるので、柔軟性が高いです。

クロタカ
クロタカ
最も多く選択されるのは②のアーティファクト破壊モードです。
EDHで全くアーティファクトが入っていないデッキは少ないので、このモードがあるだけで使い所がなく腐るという状況を避けられます。

インスタントタイミングで墓地対策ができる

《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》はインスタントタイミングで対象のプレイヤーの墓地を全て追放することができます。

クリーチャーのリアニメイトや、墓地利用ギミックなどに対処することができます。

有名な《不浄なる者、ミケウス/Mikaeus, the Unhallowed 》と《トリスケリオン/Triskelion》を使った無限ダメージコンボも防ぐことができます。

【EDHコンボ紹介】《ミケウス》&《トリスケリオン》の無限コンボ今回紹介するコンボは、《不浄なる者、ミケウス/Mikaeus, the Unhallowed 》と《トリスケリオン/Triskelion...
クロタカ
クロタカ
対戦相手が墓地利用ギミック満載のデッキだった場合は、対戦相手が仕掛けるまで《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》を温存しておいた方が無難です。

クリーチャー分ダメージモードも使い所がある

《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》のクリーチャー分ダメージモードを選択することはあまりありません。

しかし限定的ながら有効に使える状況は存在します。

(例)
①対戦相手がトークンをいっぱい並べるデッキだった場合

対戦相手がトークンなどのクリーチャーをいっぱい並べるデッキだった場合、クリーチャー分ダメージモードで10点以上のダメージを与えることができたりします。

緑の定番クリーチャー《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》の返しなどで使えるとGoodですね。

【EDHコンボ紹介】《孔蹄のビヒモス》&《ゼンディカーの報復者》のコンボ今回紹介するコンボは《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》と《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendi...

②《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》コンボの返しで使う

《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》と《士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts》の無限コピートークンコンボは、攻撃する前に大量のコピートークンを生成し、その後大量のトークンで攻撃して勝利します。

無限コピートークンを生成し終わったタイミングで《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》のクリーチャー分ダメージモードを使うことで、《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》のコンボを仕掛けた側のプレイヤーに無限ダメージ(無限クリーチャー数分のダメージ)を与えることができます。

【EDHコンボ紹介】《キキジキ》&《徴集兵》の無限コンボ今回紹介するコンボは《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》と《士気溢れる徴集兵/Zealous Con...
クロタカ
クロタカ
コンボが決まって勝ったと思っている対戦相手に《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》を合わせることができたら、逆転勝利でめちゃくちゃ気持ちよくなれると思います。

③ライフが一桁台になっている場合

EDHも終盤ともなれば全員のライフが一桁しか残ってない、なんていう状況が発生することがあります。

対戦相手がクリーチャーを多くコントロールしていて、こちらのコントロールするクリーチャーが少ない場合は、クリーチャー分ダメージモードで1人勝ちすることも可能です。

以上EDHオススメカード《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》でした。

こちらの記事もオススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です