EDHオススメカード

【EDHオススメカード】剣を鍬に/Swords to Plowshares

このコーナーではEDHのオススメカードを、定番カードから、マイナーカードまで幅広く紹介していきます。

第1回目に紹介するオススメカードは《剣を鍬に/Swords to Plowshares》です!

EDH以外にレガシー等などでも使われている定番カードです。

カード名 剣を鍬に/Swords to Plowshares
マナコスト (白)
タイプ インスタント
テキスト

クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。それのコントローラーは、そのパワーに等しい点数のライフを得る。

そんな定番カード《剣を鍬に/Swords to Plowshares》の良いところを紹介します。

《剣を鍬に/Swords to Plowshares》の良いところ

対象の制限なくクリーチャーを追放できる

マジックには対象の制限がある除去カード(例えば黒ではないクリーチャーを破壊する等)は多くありますが、《剣を鍬に/Swords to Plowshares》はどんなクリーチャーでも対象に取ることができます。(呪文の対象にならないクリーチャー等の例外は存在します)

《剣を鍬に/Swords to Plowshares》で対象に取られたクリーチャーは追放されるので、墓地に置かれることもありません。

また破壊不能を持った破壊されないクリーチャーも追放なので問題なく対処できます。

マジックには墓地から再び戦場に戻ってきたり、破壊不能を持ったクリーチャーは多くいるので、それらを後腐れなく対処できるところが優秀です。

1マナのインスタント

《剣を鍬に/Swords to Plowshares》はマナコストが1マナのインスタントなので隙なく使うことができます。

例えば対戦相手のクリーチャーがこちらを攻撃したことを確認してから、《剣を鍬に/Swords to Plowshares》を唱えることができます。

1マナと最低限のマナがあれば唱えられるので、1マナ出る土地がアンタップになっているだけで、対戦相手にプレッシャーを与えることができます。

対戦相手
対戦相手
(あそこ平地一枚立ってて「剣を鋤に」あるかもしれないからクリーチャー出しづらいな)

クロタカ
クロタカ
↑のように対戦相手を警戒させることができます

デメリットが軽く、時にはメリットにもなる

《剣を鍬に/Swords to Plowshares》には追放したクリーチャーのパワー分のライフを回復させるデメリットがあります。

デメリットとは言え、初期ライフが40と多いEDHにおいては、あまり気にするようなデメリットではありません。

デメリットより、1マナでクリーチャーを後腐れなく対処できるメリットの方が上回っています。

対象とするクリーチャーは自分のクリーチャーでもいいので、ライフが少ない時などは自分のクリーチャーを追放することで、緊急の回復呪文として使うことができます。

《流刑への道/Path to Exile》と併用できる

《剣を鍬に/Swords to Plowshares》にはほぼ同型の亜種カードが存在します。

それがモダンなどでもよく使われている《流刑への道/Path to Exile》です。

対象のクリーチャーを追放できる効果は《剣を鍬に/Swords to Plowshares》と全く同じです。

《剣を鍬に/Swords to Plowshares》との違いは、デメリットがライフ回復ではなく、基本土地サーチになっていることです。

デメリットとしては軽い方なので、《流刑への道/Path to Exile》もEDHでよく使われています。

自分のクリーチャーを対象にしてマナ加速として使うテクニックもあります。

EDHの白が入ったデッキでは《剣を鍬に/Swords to Plowshares》と《流刑への道/Path to Exile》が併用されていることが多いです。

クロタカ
クロタカ
このEDHの中でも最強の除去呪文2枚を使えるのが白のメリットです。

以上EDHオススメカード《剣を鍬に/Swords to Plowshares》でした。

こちらの記事もオススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です